コンサルタント&パートナー

代表取締役・税理士 松本 拓也/財務経営支援担当

法政大学出身。自分が何になりたいか定まらず、学生時代よりラジオ局のADやホテルマンなど様々な仕事につき社会にもまれる。知人の起業の手伝いをきっかけに起業の面白さと厳しさを体験し、自分で起業することを決意する。大学時代に学んだ簿記・財務諸表論の面白さがきっかけとなり税理士を目指す。資格取得後、公認会計士事務所勤務を経て税理士登録。その後、弁護士・司法書士と共に税務から法務まで対応可能なワンストップ型合同事務所を設立し様々な業種の決算や税務申告に携わる。税務申告の傍ら経営分析や企業再生案件にも携わり、財務経営の重要さを再認識する。この経験を基に中小企業向けに総合的な財務経営サービスを行うBSSパートナーズ株式会社を設立。中小企業経営者のための財務経営コンサルティングを務める。

専務取締役 河辺よしろう/経営戦略支援担当

日本大学出身。学業コンプレックスから40ヶ国を一人旅。大学卒業後米国クラーク大学へ留学しマーケティングを専攻。米、豪のブランドショップ等のユダヤ人や華僑の経営者の元で働き柔軟なビジネスモデル発想法に出会う。メーカーの新製品開発員として勤務後、東証1部上場の商社を経て東京青山でコンサルティング会社を立ち上げ独立。専務取締役として約1年半で資本金約1億円、社員100名超の規模に育て上げ海外にも進出。豊富な海外ビジネス経験からアジア、欧米へ進出する為の海外でのビジネスモデル構築、営業サポート、さらに地方創生やインバウンド戦略講師として全国で活躍している。また海外においてはロサンゼルス、ロンドン、シンガポールでの実績あり。様々な業種の経営支援コンサルティングを務める。

M&Aアドバイザー 辻松 律男/M&A支援担当

法政大学出身。大学卒業後、山一證券株式会社、メルリ・リンチ日本證券株式会社を経て、当時はまだ社員20名弱のベンチャー企業だった、株式会社 日本M&Aセンターに転職し、中小企業の後継者問題に取り組む。事業承継問題の解決策として後継者不在によるM&Aを中心に、買いニーズと売りニーズの情報開発と仕組みづくり、仲介及びアドバイザリー業務に携わる。その後、役職員の一致団結により株式会社 日本M&Aセンターは東証一部上場を果たす。その経験を活かし独自のM&Aスタイルを確立させる。特にM&Aのアフターケアに力を注ぐスタイルを貫く。中小企業を中心にセカンドオピニオンも含め、数多くのM&A支援コンサルティングを務める。

エグゼクティブ パートナー

鳥居・計算管理株式会社

弁護士 服部 真也

司法書士 後藤 勝良

更新日:

Copyright© BSSパートナーズ株式会社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.